パソコン

IF関数で複数の条件指定【IF以外でスッキリ】

男性の口コミ
男性の口コミ
IF関数って複数の条件指定できるの?
ナオト
ナオト
64個重ねることができるらしいよ!
男性の口コミ
男性の口コミ
他に方法はないの・・?

イフイフしてる皆様こんにちは。

IF関数は指定した条件によって、結果を変えることができます。IF関数は複数の条件に分岐させることができます。

 

=IF( 条件,”条件に合う場合の処理”,”条件以外の場合の処理“)

 

「条件以外の場合の処理」に、IFの関数を追加して、条件を増やしていけます。

 

上限、使いどころをしり、他の関数等でスッキリとした資料作りをしていこう。

ナオト
ナオト

私はこんな人

  • Excel歴15年
  • MOSを学生で取得
  • ACCESS、VBAも仕事で活用
  • パソコンで困ったらあいつの人
こんな悩みを解決
  • IF関数の複数の条件の限界を知りたい
  • IF関数を複数使う以外の方法を知りたい

IF関数の複数条件の限界は64

IF関数の中に、IF関数をいれることができます。

上限は64個。

もはや、数式を読み解くことが難しく、ゴリ押し資料作成になります。他の関数を使用したほうがスッキリと解決する場合があります。

たくさんIF関数を入れ込むと。。。達成感はあるかもしれません。しかし、引き継がれた側は超迷惑。誰もいじれないファイルになるので要注意。

IF関数に複数の条件を指定する方法

IF関数を複数の条件にする方法

IF関数に、IF関数を重ねます。

IF関数
=IF(条件,条件に合う場合,条件に合わない場合)

IF関数を重ねる場合
=IF(条件1,合う場合,IF(条件2,条件2に合う場合,条件2に合わない場合))

このように、IF関数を重ねていくことができます。一つの数式の中に64個まで入れ込むことが可能です。

たくさん入れても良い場合と、他の関数を使ったほうがいい場合をみてみましょう。

 

IF関数で複数条件指定、向いている例【OK】

条件分岐がわかりやすく、3~4個のIFの関数を使用する場合にむいています。

条件で結果を4通り場合

  • 「90点~」なら「優」
  • 「70~90点」なら「良」
  • 「50~70点」なら「可」
  • 「それ以下」なら「ぴえん」

数式で表すと

=IF(A1>=90,”優”,IF(A1>=70,”良”,IF(A1>=50,”可”,”ぴえん”)))

シンプルな条件に向いてます。

IF関数で複数条件指定、向いていない例【NG】

例えばこんな場合

  • 「ジョセフ」なら「ハーミットパープル」
  • 「承太郎」なら「スタープラチナ」
  • 「仗助」なら「クレイジーダイヤモンド」
  • 「徐倫」なら「ストーンフリー」
  • 「ジョニー」なら「タスク」
  • 「仗世文」なら「ソフト&ウェット」
  • 「リンゴォロードアゲイン」なら「マンダム」
  • 「それ以外」なら「わかりません」

IF関数で表すと

=IF(A1=”ジョセフ”,”ハーミットパープル”
,IF(A1=”承太郎”,”スタープラチナ”
,IF(A1=”仗助”,”クレイジーダイヤモンド”
,IF(A1=”徐倫”,”ストーンフリー”
,IF(A1=”ジョニー”,”タスク”
,IF(A1=”仗世文”,”ソフト&ウェット”,
IF(A1=”リンゴォロードアゲイン”,”マンダム”,”わかりません”)))))))

上記のような場合はVLOOKUP関数IFS関数が便利。IF関数でゴリ押しする必要はありません。IFS関数については後述します。

IF関数でオススメ関数

IF関数では、TRUE、FAULTの考え方を知ることが大切です。

  • TRUE=条件と一致
  • FAULT=条件と一致しない

条件を作る際に知っておくと便利です。赤い部分に該当する場合は「TRUE」となります。

AND関数

指定した2つの条件が
一致する場合は、TRUE、
一致しない場合は、FAULT

OR関数

指定した2つの条件に
含まれる場合はTRUE
含まれない場合はFAULT

NOT関数

指定した条件ではない場合TRUE
指定した条件の場合FAULT

ISERROR関数

ISERROR(値)がエラーならTRUE
エラーでなければFAULT

空白

空白を入力したい場合は ”” です。

=IF(A1=10,”GOOD”,””)

文字列を使う場合は、もじのように、半角のダブルコーテーションで囲います。

IF関数以外で複数の条件を指定する方法

IF関数でなんとかすることもできますが、以下に紹介する関数を使ったほうが良い場合もあります。使い分けできるようになりましょう。

  • VLOOKUP関数
  • IFS関数
  • 条件付き書式

IF関数とVLOOKUP関数

IF関数が向いていない例で示したように、条件が分岐しているわけではなく、この場合はこれ、この場合はこれ、というような場合にはVLOOKUP関数がおすすめです。

VLOOKUP関数は、対応する表を準備する必要があります。IF関数でゴリ押すよりもスマートな資料がつくれます。

IF関数とIFS関数(Excel2016以降で使用可能)

Excel2016以降であれば、IFS関数が便利です。Excelのバージョン確認の仕方はこちら。

IF関数の場合

=IF
(A1>=90,”優”,
IF(A1>=70,”良”,
IF(A1>=50,”可”,”ぴえん”)))

IFS関数の場合

=IFS
(A1>=90,”優”,
A1>=70,”良”,
A1>=50,”可”,
A1<50,”ぴえん”)

見た目感じ、わかりやすくなります。

IF関数と条件付き書式

IF関数と似た機能の条件付き書式があります。条件を指定することで、書式を変化させることができます。

  • 90点~ 黄色
  • 70~90点 オレンジ色
  • 50~70点 赤色
  • それ以下 黒色

条件付き書式については、別記事にまとめます。

IF関数で複数の条件を指定する際のまとめ

  • IF関数は64個まで重ねられる
  • AND,OR,NOT,ISERRORも理解しておくこと
  • VLOOKUP,IFS,条件付書式で代替できるケースもある